江ノ電

大学卒業後、ずっと年賀状交換だけを続けていた学友に、実に43年ぶりに彼の生地 鎌倉で再会しました。

素朴なその性格は全く変わらず、奥様と一緒に鎌倉をゆっくり案内してもらいました。あこがれの江ノ電で観光地を散策し、十分過ぎる思い出をつくって帰途につきました。

数カ月がたったころ、あの時の心地よい思い出をジオラマに残そうと、がぜん製作意欲がでてきました。出来上がったのが下の2題です。1つは「トンネルを出る江ノ電」、2つ目は「釣り池を走る江ノ電」です。


江ノ電、トンネル、あじさい、
                    トンネルの先にあじさい

学友の彼が教えてくれました。

「この先に唯一のトンネルがあり、それを出たところにあじさいが咲いていて、知る人ぞ知るシャッターポイントになっている」

季節はちょっと早かったが、ちらほら咲いていた。

製作したジオラマでは咲きほこったイメージで…。

手前には〝撮り鉄”の二人も添えました。


 

同じ作品を角度を変えて撮りました。

 

トンネルを出た情景は実際とは違うが、進行方向右側には家屋があり、左側は神社の境内につながっています。


少し接近して撮りました。

 


江ノ電、釣り人、釣り池、
                      釣り人と江ノ電

2つ目の

「釣り池を走る江ノ電」です。

 

背景の絵はちょっと場違いですが…。

実際に江ノ電からは釣り池はなかったのですが、

「釣り人」と「江ノ電」という組み合わせがなんとなくピッタリのイメージだったので作ってみました。


 

同作品を角度を変えて撮りました。

背景も替えています。

 


鎌倉の思い出、箕面市民展に出品
                     鎌倉の思い出(2題)

2014年10月、

この2つの作品を

箕面市民展に出品したときのものです。

タイトルは

「鎌倉の思い出」

です。